美容師の世界

<自殺>交通事故との因果関係認定…福岡地裁が賠償命令(毎日新聞)

 交通事故で重傷を負い、事故から約3年2カ月後に自殺した男性(死亡時21歳)の両親が、相手の乗用車を運転していた男性に約5120万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、福岡地裁であった。南場裕美子裁判官は「事故による障害や自分の将来を悲観しての自殺。他に原因はない」と、慰謝料など約1660万円の支払いを命じた。精神疾患などに罹患(りかん)した医学的診断はなく、判決は生前の言動などから事故との因果関係を認定した。

 判決によると、事故は04年2月、福岡市東区の県道で発生。原付きバイクで直進していた高校3年生(当時)の男性と、反対車線から右折してきた飲酒運転の乗用車が衝突した。男性は事故後に数回の手術を受けたがひざの関節が変形し、歩くのにつえが必要となった。運送会社からの就職内定も辞退し、07年4月に自宅で首つり自殺した。【和田武士】

【関連ニュース】
裁判員裁判:初の危険運転致死罪、被告に懲役14年 千葉
’10裁判員:危険運転致死、懲役14年 「飲酒大量、量刑を重く」−−千葉地裁判決
懲戒免職:県教委、教諭を処分 酒気帯びで電柱に衝突、道交法違反で有罪判決 /千葉
自動車運転過失致死傷:被告に懲役3年 「飲酒発覚恐れ逃走」−−地裁判決 /富山
元岩国市職員の酒気帯び運転:人身事故の元職員に有罪判決−−地裁岩国支部 /山口

<アパート放火>「自白の信用性に疑念」と大阪地裁無罪判決(毎日新聞)
AEDの不具合疑い328件=01年以降で−消防庁調査(時事通信)
マンションで火災、夫婦が死傷 東京・練馬(産経新聞)
雑記帳 「天橋立まるごとフリーパス」サービス(毎日新聞)
「谷垣語解釈して」記者会見で謎の訴え(産経新聞)
[PR]
by nucmpxs1nm | 2010-02-22 14:21
<< 公立高入試用の調査書、中3全員... <普天間移設>民主沖縄県連、県... >>



美容師も厳しい時代になりました。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧