美容師の世界

パラマウントの介護ベッド事故は製品起因の疑い―消費者庁が注意喚起(医療介護CBニュース)

 消費者庁は3月16日、過去に重大な事故があった介護器具の調査結果を発表した。問題となっていたのは、パラマウントベッド製の「介護ベッド用手すり」と象印ベビー製の「歩行補助車」の2製品。いずれも事故は製品起因が疑われるとして、改めて消費者に注意を喚起した。

 介護ベッド用手すりについては、2008年5月に兵庫県の介護施設内で、スイングアームのすき間に80歳代の女性が頭を入れた状態で発見された。女性は重傷。縦15センチ、横34センチのスイングアームのすき間に頭が入った経緯は不明だが、「パラマウントベッドが01年から、すき間を埋めるためのT字型簡易部品を無料配布していたこともあり、製品起因の疑いが強い」(経済産業省商務流通グループ製品安全課製品事故対策室)と判断した。

 パラマウントベッド広報部は「これまでも01年から継続して注意を喚起するDMや冊子の配布などをしてきたが、今後、さらに対策を強化する」としている。

 歩行補助車については08年4月、東京都内の高齢者が使用中に転倒して重傷を負った。二次ロック式の折り畳める製品で、通常の使用時に二次ロックは正常に作動するが、「折り畳まれた状態からゆっくりと開くと、一次ロックがされたものと錯覚することもある。そのため、不十分なロック状態が事故の原因ではないか」(同)という。


【関連記事】
介護ベッドで転倒事故−消費者庁が改修呼び掛け
介護ベッド用手すりで製品起因が疑われる事故
介護ベッド用手すりで「製品起因が疑われる事故」
支柱式手すりで製品起因が疑われる事故

低気圧、日本海を北東へ=海や山は大荒れ−気象庁(時事通信)
今月末に日米外相会談 国務次官補は来月訪日意向(産経新聞)
<日中韓首脳会談>5月末に済州島で開催へ(毎日新聞)
<殺人未遂>看護師を再逮捕へ 高濃度インスリン投与の疑い(毎日新聞)
スカート内盗撮、道警警視に罰金30万円(読売新聞)
[PR]
# by nucmpxs1nm | 2010-03-23 20:49

大イチョウ、植え直し成功=再生へ向け一歩−鶴岡八幡宮(時事通信)

 神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮で、強風などで倒れた樹齢1000年以上の大イチョウの根本部分が15日までに、近くに植え直された。県担当者は「植え直しは成功した。再生に期待したい」と話している。
 同八幡宮などによると、大イチョウは根本から約4メートルの部分で切断され、倒れた場所から西側に約7メートル離れた地点に植え直された。
 根が大きく損傷していたことから、同八幡宮は当初、「現状では植え直しは無理」と判断していた。しかし、その後、再生につながるとみられる状態の良い細い根が残っていることが確認されたという。
 このため、同八幡宮が東京農業大の浜野周泰教授に依頼。同教授の指導の下、大イチョウは残された根で養分や水分を吸収できるよう切断され、植え直された。
 県担当者によると、浜野教授は「天候次第だが約90%は再生できる」と話しているという。 

【関連ニュース】
大イチョウの「回復不可能」=鶴岡八幡宮、資料保存も
鶴岡八幡宮の大イチョウ倒れる=「実朝暗殺の舞台」、樹齢1000年

<就職内定率>大学生80.0% 00年以降最低の水準(毎日新聞)
防衛相が「普天間の危険性除去イコール全面返還だ」 (産経新聞)
<シー・シェパード>メンバーの男を艦船侵入容疑で逮捕(毎日新聞)
<訃報>河合誓徳さん82歳=陶芸家、日本芸術院会員(毎日新聞)
大阪万博 開催40年 改修パビリオン公開へ(毎日新聞)
[PR]
# by nucmpxs1nm | 2010-03-19 12:28

大イチョウ、植え直し成功=再生へ向け一歩−鶴岡八幡宮(時事通信)

 神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮で、強風などで倒れた樹齢1000年以上の大イチョウの根本部分が15日までに、近くに植え直された。県担当者は「植え直しは成功した。再生に期待したい」と話している。
 同八幡宮などによると、大イチョウは根本から約4メートルの部分で切断され、倒れた場所から西側に約7メートル離れた地点に植え直された。
 根が大きく損傷していたことから、同八幡宮は当初、「現状では植え直しは無理」と判断していた。しかし、その後、再生につながるとみられる状態の良い細い根が残っていることが確認されたという。
 このため、同八幡宮が東京農業大の浜野周泰教授に依頼。同教授の指導の下、大イチョウは残された根で養分や水分を吸収できるよう切断され、植え直された。
 県担当者によると、浜野教授は「天候次第だが約90%は再生できる」と話しているという。 

【関連ニュース】
大イチョウの「回復不可能」=鶴岡八幡宮、資料保存も
鶴岡八幡宮の大イチョウ倒れる=「実朝暗殺の舞台」、樹齢1000年

<将棋>三間飛車対居飛車…王将戦・第5局(毎日新聞)
<囲碁>謝女流名人が3連覇(毎日新聞)
<参院選>公約策定で政府、党が主導権争い(毎日新聞)
<幻冬舎>業務上横領で元局長に実刑判決 東京地裁(毎日新聞)
反対PT、招致応じず 自民都議「都合つくまで調整」(産経新聞)
[PR]
# by nucmpxs1nm | 2010-03-17 22:34

就活webテスト「替え玉」横行 でも面接官の目はごまかせない?(J-CASTニュース)

 就活中の大学生が選考過程でwebテストを受ける際、「替え玉」を使っている人がいるらしい。最近では上智大学の学生がブログで「不正」を告白する騒ぎがあったばかり。専門家は、採用時の面接重視を踏まえた上で、「プロの面接官であれば、どんな人物かを見分けていく」とも指摘する。

 朝日新聞の投書欄「声」には、「webテスト不正 横行絶て」と題した記事が2010年3月8日に掲載された。投稿者は就活中の大学3年生だ。今は志望企業へ応募書類を送る毎日だが、企業によってはwebテストを課すところがある。webテストとは、言語や計数の能力を問うテスト、本人の性格を見る検査で構成される適性検査のことだ。

■数学は理系の学生に、英語は留学経験者に

 投書の中で「この試験には大きな弊害を伴っています」と指摘している。インターネットが整った環境であれば、どこでも受験できる試験もあるからだ。そのため、大学のパソコン室では1台のパソコン画面を数人が取り囲み、受験者を手伝っている光景を目にしたこともあると明かしている。

 数学は理系の学生に、英語は留学経験者に任せるという具合だった。ほかにも、親が代わりに答え、内定が出たという話も聞いたらしい。こうした不正を絶つために工夫するか、いっそのことやめた方がいいのではないか、と提案している。

 同様の話はつい最近も、上智大学学生がブログで告白し、「炎上」したばかりだ。この人の場合は「計数」が苦手で、いくつか友人に助けてもらった。試験に落とされてしまったら、面接にすら進むことができないので、「話」にならないという危機感があったようだ。もっともその後、ネット掲示板「2ちゃんねる」でも騒ぎになり、コメント欄には書き込みが殺到、ブログは閉鎖された。

 いずれにしても、こうした話はよくあるのだろうか――。

■一貫性感じられなければ面接官はどんどん突っ込んでくる

 就活総合研究所およびヴィベアータ代表で、人事コンサルタントの新田龍さんは「環境さえ整えば受験できるので、いることはいると思います。でも、多いかどうかはわからない」と話す。一方、就活中だという早稲田大学3年生は「話にはよく聞くが、実際に受験したという人は知らない。替え玉するほどの試験ではないとも思う」といい、上智大学4年生は「そんなこと思いつかなかったよ」と驚いている。

 webテストの目的は、何万人もの志望者からの絞り込みにある。だが、新田さんはこう続ける。

  「webテストだけが選考ではありません。場合によっては別の筆記試験がさらにあり、面接へと続くわけです。webテストではいわゆる言語・非言語テストと性格診断のテストを行います。面接の場で重視されるのが性格診断のテスト。これをもとにして、学生の志向性や考え方を見ていきます」

 その際、面接官は矛盾点がないかを確認し、自社にあう人物かを見極めていく。

  「適性試験によって得られた成績や性格に一貫性が感じられなければ、面接官はどんどん突っ込んでいきます。プロの面接官であれば、どんな人物かをある程度、見分けることができると思います。ずれがある人は結局、その後の過程ではじかれていくわけです」


■関連記事
就活生惑わす「ブラック企業」情報 火のないところに煙はたたないのか : 2010/02/23
「就活くたばれデモ」東京でも開催 2ちゃんとグーグルが学生をつないだ : 2010/01/24
就職説明会に親「同伴」 「二人三脚」のイマドキ就活事情 : 2009/03/14
就活生・自己啓発好きに警鐘 文春の注目記事とは : 2010/02/25
鬼太郎の新しい挑戦始まる 「妖怪だるま」で地方活性化 : 2010/03/08

【日本人とこころ】白川静と出遊(上) 漢字を読み解く知的冒険 (産経新聞)
<東京消防庁>地下鉄でテロ対策訓練 サリン事件から15年(毎日新聞)
和解勧告受け「一日も早い実現を」−全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
<日米密約>「非核三原則の法制化前進を」福島党首(毎日新聞)
一票の格差「憲法上好ましいものではない」 東京高裁 (産経新聞)
[PR]
# by nucmpxs1nm | 2010-03-16 15:12

<韓国人強制連行>2審も事実認定「不二越」賠償棄却(毎日新聞)

 太平洋戦争中の強制連行などを巡り、韓国の元女子挺身(ていしん)隊員や遺族計23人(うち遺族3人)が機械メーカー「不二越(ふじこし)」(本社・富山市)と国に未払い賃金と慰謝料など計約1億380万円の損害賠償と謝罪を求めた「第2次不二越訴訟」の控訴審判決が8日、名古屋高裁金沢支部であった。渡辺修明裁判長は、強制連行の事実を認めたものの請求を退けた1審の富山地裁判決(07年9月)を支持し、原告の訴えを棄却した。原告は全員が上告する方針。

 渡辺裁判長は、1965年の日韓請求権協定に基づき個人の請求権を認めなかった1審判決を追認した。

 戦後補償を巡っては、中国人男性が西松建設に補償を求めた訴訟の最高裁判決(07年)で、日中共同声明により中国国民は裁判で賠償請求できなくなったと初めて判断した。【宮嶋梓帆】

【関連ニュース】
空襲被害者:全国組織結成へ 救済立法目指し10日初会合
地震:「東南海」「三河」の実態 岩手の研究者が本に
ゾルゲ事件:宮城与徳の勲章、モスクワで発見 遺族に
万能川柳:60ってこんなにガキか成って知る
空襲被害者:全国組織に 救済立法目指す−−8月発足目標

<東富士演習場>使用協定延長協議を再開へ(毎日新聞)
高齢者居住安定化モデル事業の選定事例を紹介(医療介護CBニュース)
埼玉の4歳衰弱死、両親「診察が必要」と認識(読売新聞)
<普天間>官房長官と米大使 会談で「トラスト・ミー」応酬(毎日新聞)
JAYWALK中村容疑者逮捕でCDは発売中止(産経新聞)
[PR]
# by nucmpxs1nm | 2010-03-11 20:02



美容師も厳しい時代になりました。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧